読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものせなか

塾に通えない子供たちを応援するThe寺小屋プロジェクト

日本にベビーブームを到来させなきゃいけないわけ

地域ぐるみの子育て 子育て 私たちがやれること 少子高齢化

ニッポンを元気にしたいThe寺小屋プロジェクト管理者の小中彩生(こなかあき)@love_kunasanです。

 

人口が減るからって悲観ばかりしてませんか?

 

こちらの記事をご覧ください。

toyokeizai.net

 

これから日本の人口は急激に減るという予測です。

 

確かにこのままではいけないわけですけど

とにかくメディアは人口急減の恐怖についてのみばかりを

フォーカスして、人口を増やすための提案というものを

まったくやっていないように感じるのです。

 

日本はジリ貧になっていく?

 

少子高齢化、経済成長の鈍化、広がる格差。

 

人口が減って産業も衰退して行けば

日本も三流国家に凋落ですよね。

 

単純に考えると人口の多い国ほど

経済が活発になると言われています。

 

それは生産人口が増えるので当然のことです。

 

だったら日本国民の人口を増やしてやればいい話です。

 

f:id:utu-css:20170310184008j:plain

 

極論をいうなら日本にまたベビーブームが

到来するくらいの改革、政策なりを

やらなければいけないのです。

 

 

 

 

とにかく子育て環境が乏しい国ニッポン

 

これだけ少子高齢化が懸念されているのに

なぜ日本国内の子育て事情というものは

一向に改善の兆しを見せないのでしょうか? 

 

今の子育て世代、みんな仕事に追われて子育てする余裕がないんです。

 

しかも子供を預かってくれるところもありません。

 

保育園が足りないとか毎年のようにいわれてますよね。

 

これらの問題を解消する方法について

政治家や自治体が議論してくれなきゃ困るわけです。

 

やっていますか?

取り組んでいますか??

 

積極的な改善策も提案もさっぱり見かけないように思います。

 

使える人材はとことん利用しましょうよ!

 

孤独なおじいちゃんおばあちゃんいっぱいいます。

 

無職でひきこもっている子育て世代も

それなりにいます。

 

子供はいないけど子供と触れ合いたい健全な大人も

たくさんいるはずです。

 

こういう人たちに子育ての場に参戦してもらいましょうよ!

 

少し謝礼を出して子育てに加担してもらえばいいじゃないかって話。

 

地域ぐるみで子供を育てるという発想というのは

少子高齢化を解消させるためには

なくてはならない概念ではないでしょうか?

 

公園で遊んでいる子供にあいさつしたら

変質者扱いされたりする今のご時世。

 

たしかに地域ぐるみの子育てというのは

今の時代に用いるには難しい発想です。

 

先日のブログにも書きました。

teragoya.hateblo.jp

 

さあ、こんなご時世で

どんな方法を取れば地域ぐるみの子育てがうまくいきますか?

 

皆さん、よく考えてくださいね?

 

年老いた私たちをこれから支えてくれるのは

いま一生懸命成長している子供たちです。

 

これは肝に銘じておいてください。

 

自分自身に子供がいなくても

子供たちが社会に貢献してくれることで

私たちは良質な福祉やサービスを

受け取ることができるのです。

 

子供たちに良質な教育を施すことは

巡り巡って私たちの老後の安泰につながるんです。

 

これは絶対に真剣に今の大人たちが考えるべきことです。

 

少子高齢化の問題以外にもまだ解決するべきことは

山ほどあります。

 

teragoya.hateblo.jp

 

 

子供の貧困、教育の格差の問題が

徐々にクローズアップされつつあります。

 

育つはずの人材が育たないかもしれない。

 

そんな危機を抱えています。

 

子供を増やすことは今の日本人の使命です。

 

そしてその子供たちに効率よく学習の機会を提供して

将来の日本を支えてくれる

よき人材に育て上げなければなりません。

 

なにかあるはずですよ?

わたしたち大人にできることが・・・・。