読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものせなか

塾に通えない子供たちを応援するThe寺小屋プロジェクト

地域ぐるみの子育てで児童虐待はなくせるのか

The寺小屋プロジェクト管理者の小中彩生(こなかあき)@love_kunasanです。

 

某掲示板での対談からの引用です。

 

コンセプトは子供110番の家

 

まぁしかし虐待する母親の気持ちって

結構理解できるんですよね。

 

基本人間って自分のことだけで いっぱいいっぱいですもん。。。

 

だから私が今のところ一番いいのではないか?

と思ってるのが地域のつながりですよね。

 

ちょっと困ったことあったら近所の老夫婦が

ちょっと子供の面倒見てくれたり。

 

コンセプトは子供110番の家ですけど

子供が安心できる場所は確保しなきゃですよね。

 

ご近所ネットワークが機能していない今の日本

  • 近所に住んでいる人の顔も知らない現代の日本人
  • 虐待されている児童が安心して過ごせる場所が必要
  • 新しいコミュニティの在り方が必要なのかな?
  • 都会の人は欺きあうコミュニケーション
  • 田舎の人の方がまだのんびりしてると思うんですが

 

児童虐待してる家庭の摘発は近所のネットワークが

機能してればある程度できると思うんですが

ゲストさんの感じてることとしては

このネットワークが機能してないということですよね。

 

田舎暮らしって高齢者には何かと不便なイメージです。

私自身無理です(^-^;

 

f:id:utu-css:20161018204519j:plain

ご近所ネットワークが正常に機能すれば

都会ほど住みやすくなるはずなんですが。。。

 

地域ぐるみの子育てを考えることって

同時に高齢者の孤立化も防げる可能性を

秘めてると思うのですが。。。

んーーー、、、

 

私が出来ることってなんだろうか

私やゲストさんみたいに子供がいない人ほど

深刻に取り組むべき問題と思います。

 

将来孤立しないためにも  

 

隣の人の顔も知らないってのが

いまの日本じゃないですか?

 

そのまま貧困が進んだらじつに味気ないですよね。

 

もうばらまきなんていくらやっても一緒なのは

民主党が証明したし 政府なんて凡人は介入できないし。。。

 

国民の意識が変わるってのが一番大事なんじゃないかなって

 

これからは共有型経済の時代が到来すると言われています。

 

カーシェアリング、シェアハウスはじめ

あるものを地域のみなさんで共有する。

 

シェアすることの必要性ってみんな感じるようになってきたと思うんですよ。

それを地域ぐるみで実現していくことですよね。

 

必然的にコミュニケーションするようになってくるでしょうし

この流れで「地域ぐるみ」が広まって

ご近所ネットワーク復活ってなりませんかね??

 

地域ぐるみの教育で子供たちをケア

  • 以前は塾が放課後の子供たちの拠り所でした

 

わたしの考えているコンセプトは塾とはちがうんですよね。

やっぱり寺子屋ですね。

 

地域ぐるみの教育。

 

勉強だけじゃなく

地域の人々に接することによって心の成長も図る。

 

そんな場をつくれたらなぁと思ってます。

 

地域の手が届けば虐待も減ると思うんです。

 

もちろん貧困児童の学習環境をよくしてあげることが一番!

 

楽しい!って自発的に勉強するようになる子供をつくります。

 

わたしが勉強嫌いだったのが個人塾に通ったのが

きっかけで楽しく勉強に励むように変化をとげました。

 

人それぞれ違うだろうけどきっかけをつくってあげたいですね。

 

あと、せっかくだから面倒見る小学生が

大学に行くようになるまでに国立大学の無償化を 実現させたいとか。。。

 

政治家じゃないから何もできないけど

強力な発信者になれればと日々文章鍛えてます!!

書いて書いて書きまくる!!^^v

広告を非表示にする